クロスバイクの呼称はいろいろ

クロスバイク(Hybrid bicycle)という自転車の車種には、メーカーによってさまざまな呼び名が違っていて、トレッキングバイク、フィットネスバイク、スピードバイク、アーバンバイク、コンフォートクロスなどがあります。
一般的には、700Cというタイヤサイズ、フラット型のハンドルバーが主な特徴です。
クロスバイクは1980年代末に初登場した。
オフロードとオンロードの自転車のそれぞれの長所を見事に両立させた快適な自転車だ。
登場から数年はクロスオーバーバイクと呼ばれていた、スピードバイク、メッセンジャーバイクなどは、クロスバイクの一種である。
コンフォートモデルはハンドルの高さや位置を変えられるタイプで低価格なモデルに多く、サイクリングを楽しみたい方に向いています。
そして、スポーツモデルはクロスバイクの中では長距離向き、高速性を意識したモデルで、そのタイヤは少し細めの物を装着している事が多いです。
SPECIALIZED (スペシャライズド)有名なライダーをサポートし続けMTBでは最先端の技術が使われています。
GARYFISHER (ゲイリーフィッシャー)MTBの父とも呼ばれています。
女性専用設計のMTBも、GIANT (ジャイアント)同じ値段なら他社よりワンランク上の自転車が買える。
LOUIS GARNEAU (ルイガノ)高いコストパフォーマンスや軽量なXC系MTB、シンプルでお洒落なデザインTREK (トレック)ツールドフランスでUSポスタルチームにバイクを供給している。




RSS関連リンク


予約


今日僕が欲しいLUPOっていうクロスバイクを見に行ったんですけど置いてませんでした。
どうやら9月からそれぞれの会社が新車を発表するらしいんですよ。
それで07年モデルはもう無いということで08年モデルを予約してきました。
なんかBianchiはほとんど在庫を作



今日もクロスバイク


今日はバイク(ややこしいので、ここではオートバイと呼びましょう^^)で淡路島を走ろうかな?っっと思っていたのですが・・・ 昨日買ったクロスバイク(GIANTのCS3000)で市内の川沿いを走ってきました。
無理せずのんびり? 健康的で楽しいです


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。