各メーカーの紹介

クロスバイク(Hybrid bicycle)という自転車の種類があります。
特徴は700Cというタイヤサイズ、フラット型のハンドルバーです。
生産会社により色々な呼称があり、トレッキングバイク、フィットネスバイク、スピードバイク、アーバンバイク、コンフォートクロスなど様々そろっています。
クロスバイクはクロスカントリー用のマウンテンバイクを軽量化しホイールを大型化することでオフロードの走破性とオンロードでの快適性を両立させる目的で登場したが、登場から数年はクロスオーバーバイクとも呼ばれており、スピードバイク、メッセンジャーバイクなどと呼ばれることもあった。
スポーツモデルは長距離やハイスピードを意識したモデルでタイヤは少し細めの物を装着している事が多いです。
また、コンフォートモデルは、ハンドルステムの部分でハンドルの高さや位置を変えられる物が多いです比較的低価格なモデルが多いようです。
TREK (トレック)ツールドフランスでUSポスタルチームにバイクを供給している。
SPECIALIZED (スペシャライズド)有名なライダーをサポートし続けMTBでは最先端の技術が使われています。
GARYFISHER (ゲイリーフィッシャー)MTBの父とも呼ばれています。
女性専用設計のMTBも、GIANT (ジャイアント)同じ値段なら他社よりワンランク上の自転車が買える。
LOUIS GARNEAU (ルイガノ)高いコストパフォーマンスや軽量なXC系MTB、シンプルでお洒落なデザイン




RSS関連リンク


部員が増えました


うちの会社のHD先輩がビアンキのチェーロというクロスバイクを購入しました。
カラーは勿論チェレステ。
HD先輩納車おめでとうございます!ということで自動的にバイシクルクラブの入部が決定致しました!これで部員は私を含め4名ですが、私以外が60歳前後と中高年は明らかに自転車



自転車


前注文してきました、自転車
何も知らないけど、ある程度ちゃんとしたやつを買って大事に乗りたいな、と思いお店へ。
通勤用です。
で、お店で親切に対応してもらったらクロスバイクという種類の自転車になり、ジャイアントというメーカーのエスケープFSという種類


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。